明日晴れるかな

カメラ ペット たまに料理

初めてのオールドレンズ 【smc PENTAX-M 1:1.4 50mm】 【E-M1 MarkⅡ】

 続々とフルサイズミラレースが発表されているのを尻目に、僕は初めてのオールドレンズを購入してみました。

フルサイズに興味がないといえば嘘になりますが、たとえ買ったとしても今の技量・知識では多分扱いきれません。E-M1 MarkⅡですらまだまだ操作は未熟です。

なので、当分はE-M1 MarkⅡとgx7mk2で撮影を楽しみたいと思います。

 先日、LEICA100-400mmをドナドナし、12-100mmPROを購入しましたが、少し資金が余ったので、smc PENTAX-M 1:1.4 50mmを購入してみました。

f:id:tawabon239:20180927165147j:image

smc PENTAX-M 1:1.4 50mm ASAHI OPT.CO.JAPAN

PENTAX MEやMX用のPENTAX-Mシリーズレンズでした。

発売開始年は1977年 基本的な構造はSMC TAKUMAR時代と同じです。

絞り羽根枚数は8枚で、レンズは6群7枚

最短撮影距離は45cmでまあまあ寄れない。

35mm換算100mmとなります。
f:id:tawabon239:20180927165149j:image

マイクロフォーサーズに装着するには、当然アダプターが必要です。

今回は、K&F CONCEPTのPK-M4/3を購入
f:id:tawabon239:20180927165152j:image
f:id:tawabon239:20180927165201j:image

レンズとアダプター接続はガタツキもなく優秀
f:id:tawabon239:20180927165155j:image

GX7MK2に装着 サイズ的に丁度いい

マウントとアダプターの接続も問題なし。
f:id:tawabon239:20180927165158j:image

f:id:tawabon239:20180927173005j:image

E-M1 MarkⅡに装着

ぶっちゃけ、最初アダプター装着に苦労した。

これは、マウントが防塵防滴設計の為だろうか?

少しコツが必要だ・・・

EVFはやはりGX7MK2よりE-M1 MarkⅡの方が僕的に見やすい。

MFレンズだが、昨今のボディにはピーキング機能が搭載されているため、ピント合わせに苦労することは少ない。

f:id:tawabon239:20180927173818j:image

電子接点を持たないレンズですが、E-M1 MarkⅡではレンズ情報を登録しておくことが可能です。GX7MK2でも簡易的な焦点距離は設定可能です。
f:id:tawabon239:20180927173822j:image

ただし、Exif情報のF値はこのレンズの場合1.4固定となります。

さて、本日も近所の河川敷スナップにこのレンズの試し撮りに行ってきました。

P9271749

曼珠沙華がまだ咲いています。アゲハって曼珠沙華の蜜が好きなんでしょうか?

いつ行っても出会えますね。

P9271774

MFなので動き物のピント合わせは大変です!!笑

P9271760

さすが50mm f1.4 いいボケ具合です。

P9271758

少し絞ればななかなのパキパキですかね。

P9271756

曼珠沙華は枯れ行く姿も絵になります。

P9271792

F8辺りが一番解像度が良さそうです。

P9271819

ただし、遠景風景を開放1.4で撮影すると下のようにボケます。

f:id:tawabon239:20180927181032j:image

f2に絞るとボケは無くなりました。

P9271809

フリンジは盛大に出るようです。まぁLigtroomで簡単に処理出来そうですが。

P9271799

逆光フレアーは今日の時点では定かではありません。

P9271791

P9271765

P9271763

ただ、撮っていて楽しいレンズであることに間違いは有りません。

P9271802

P9271804

P9271805

P9271813

P9271832

P9271820

f:id:tawabon239:20180927220100j:image

玉ボケはf1.4で綺麗な円形

f:id:tawabon239:20180927220130j:image

f2で手裏剣

f2.8からは八角形となりました。
f:id:tawabon239:20180927220127j:image

光芒は8本のウニウニです。

 

 

いい買い物が出来ました。


 

 

 

 

 

 

やっと手に入れた神レンズ 【M.ZUIKO12-100mmF4pro】 【E-M1 MarkⅡ】

  E-M1 MarkⅡを購入する時に、選択に迷った12-40mmPROと12-100mmPROですが、F2.8に惹かれて12-40㎜PROを購入しました。しかし、最近見かけるネット上での12-100㎜PROの写真に感化され、どうしても手に入れたくなりました。

 そこで、レンズ追加ではなくレンズ整理を兼ねての買い替えです。

まず、野鳥撮影の為に買ったLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPHをドナドナしました。

 

tawabon239.hatenablog.com

 最近というより、購入直後からほぼ出番がありませんでした。やはり、広角好きの僕には不必要なレンズでした。

飛行機撮影や娘のテニスの試合撮影などは、40-150mmPROと×1.4テレコンで十分に事足ります。しかもF2.8でテレコン装着してもF4通しなので扱いやすいです。

 もう一本は、ZUIKO35mmF3.5 MACROです。

 

tawabon239.hatenablog.com

 こちらは職場の同僚に譲りました。

12-100mmPROはなかなかの接写撮影が可能らしく代用出来るかと思いました。

余裕があれば、60mm/F2.8 MACROが欲しいですけどね。

というわけで、これらのレンズ資金をもとにM.ZUIKO12-100mmPRO/F4を手に入れました。

f:id:tawabon239:20180921203003j:image

しかしオリンパスのレンズはどこ見てもやはりカッコいいですよねぇ~^^

もちろんフォーカスクラッチ搭載です。

もうこれに慣れてしまうと・・・
f:id:tawabon239:20180921202952j:image

12-40mmと比べるとかなり大きいですね。
f:id:tawabon239:20180921202955j:image

しかもレンズ内手ぶれ補正付き!!

「5軸シンクロ手ぶれ補正」に対応

ボディ内5軸手ブレ補正機構と協調することで、5軸シンクロ手ブレ補正に対応。

世界最強6.5段


f:id:tawabon239:20180921202959j:image

中古品を購入しましたが、非常に綺麗で状態も最高でした。

レンズのファームウェアも1.3で最新です。

早速ですが、E-M1 MarkⅡに装着して、近所の河川敷へ試し撮りに行ってきました。

とりあえずJPEG撮って出しです。

P9211613

雨上がりの曼珠沙華が綺麗でした。

P9211616

このレンズは広角端の12mmでも最短撮影距離15cm、ワーキングディスタンス1.5cmで撮影倍率0.3倍(35mm換算0.6倍)

望遠端では最短撮影距離45cm、ワーキングディスタンス27cmで撮影倍率0.21倍(0.42倍)

P9211643

水滴内に向こうの景色も写っています。素晴らしい解像度。

P9211632

たまたまアゲハが飛んで来てくれました。

P9211627

望遠端でのハーフマクロ、背景ボケも柔らかいですよね。

3-1

12-100mmの超便利ズーム

少し離れたターゲットも難なく切り取れます。

12-40mmではやはりもう一息と感じていた距離です。

で、便利ズームの威力です。

まずは12mm

P9211652

僕が狙っていたのは・・・

100mmでは

P9211654

京都タワーがしっかり確認出来ます。

しかも換算200mm handheld shootingです。

P9211720

P9211647

P9211722

P9211717

よって良し

P9211644

ひいて良し

遠回りしましたが、最高に楽しいレンズを手に入れました。

今年の秋はこれ1本で紅葉撮りに行きたいな^^

 

さて、12-40mmPROどうしましょう!悩

 

 

 

 

 

 

 

初めての花火撮影 【E-M1 MarkⅡ】

  E-M1 MarkⅡを購入してからどうしてもやってみたかった花火撮影に行ってきました。

2018年8月11日

京都の亀岡で開催された亀岡平和祭保津川花火大会です。 

 撮影場所に選んだのは、亀岡市内と花火を見下ろせるとある山の展望台です。

最初に向かった展望台は、15時に到着しましたが満員御礼でした。

そこで、さらに山を登りいい場所を見つけました。

ここも既に三脚の場所取りがありましたが、何とか撮影場所を確保しました。

花火大会開始まで4時間・・・

比較的涼しい場所で良かったです。 

下の写真の真ん中辺りが打ち上げ場所です。

こんな感じで E-M1 MarkⅡとGX7MK2をセッティングしました。

GX7MK2はゴリラポットSLRズーム&ボールヘッドで杭に固定。

耐荷重3Kgなので安心です。

因みにGX7MK2はタイムラプス用にセットしました。

あると便利な撮影グッズ

・リモコン

・パーマセルテープ

リモコンは、ROWA JAPANのものを使用

インターバル撮影をリモコンで設定して撮影する場合は、電池が必要ですが、シャッターボタンとして使う場合電池は不要です。

 パーマセルテープはMFでピントを合わせたあとズレない様にピントリングを固定しておくために使用。それなりの粘着性は有りますが、剥がした跡が残らなくていいです。

 E-M1 MarkⅡでの花火撮影は、ライブコンポジットを使ってみました。

コンポジット撮影前にノイズリダクション用画像取得が必要です。

これがなかなか花火撮影では面倒です。

僕は、黒い布をレンズ前に垂らして行いました。

あと、山の上から撮影したので、打ち上げタイミングがなかなか掴めませんでした。

撮影場所から打ち上げ場所まで約4km

見下ろし撮影なのでダイナミック感は欠けますが、初めてにしてはまずまずの結果でしょうか?

来年は超広角で下から撮ってみたいです。

フィナーレはやはり爆発!!笑

最後だけNDフィルターつければ良かったです。

タイムラプスは設定ミス!!めっちゃ短くなってしまいました!

 

興味本位で買ってみたOLYMPUS AIR A01が超優れものだった!!

 猛暑お見舞い申し上げます。

38℃・39℃が当たり前になっている今日この頃ですが、皆様!熱中症にはお気をつけ下さいね。こまめな水分補給をお忘れ無く。

さて、なんとなくレンズ沼から抜け出した僕ですが、ずっと気になっていたレンズ?カメラ?を購入しました。某Yオークションで見つけたOLYMPUS AIR A01です。期限切れ間近なポイント消費のために入札し、落札しました。

APC_0216

中古でレンズ無し・ボディのみで超美品でした。

基本情報

製品名:オープンプラットフォームカメラ OLYMPUS AIR A01

価格:オンラインショップ限定

     A01 ボディー: 33,800円(税込36,504円) 
    A01 14-42mm EZ レンズキット: 49,800円(税込53,784円)

            現在は生産終了しています。

発売日:2015年3月25日

主な仕様

型式

形式:マイクロフォーサーズ規格準拠レンズ交換式カメラ

記録媒体:microSD

レンズマウントマイクロフォーサーズ

撮像センサー

形式:4/3型Live MOS センサー

素数カメラ部有効画素数1605万画素、総画素数 約1720万画素

静止画記録方式

記録フォーマット:DCF、DPOF準拠/Exif対応、PRINT Image Matching III

記録画像形式:RAW+JPEGJPEG

その他の仕様

AF方式は、ハイスピードイメージャAF

フォーカスモードはシングルAF(S-AF)/マニュアルフォーカス(MF)で、C-AFはありません。顔優先AF・瞳検出AF搭載。324分割デジタルESP測光。

撮影モードも、iAUTO、プログラムAE、絞り優先 AE、シャッター優先 AE、マニュアルと多才です。

ホワイトバランス

オート、プリセット(晴天・日陰・曇天・電球・蛍光灯・水中)

ピクチャーモード

i-FINISH、Vivid, Natural、Flat、Portrait、モノトーン、eポートレート

アートフィルター

E-M1markⅡとほぼ同じバリエーションが搭載されていました。

製品外観

APC_0216

電源スイッチ・シャッターボタン・ステレオマイク

APC_0214

三脚穴・スピーカー

APC_0213

レンズ取り外しレバー・アクセサリー取り外しレバー

APC_0209

Wi-Fiスイッチ・micro SDスロット・micro USBコネクター

APC_0210

ボディカバー:このカバーがペラペラで、いつか割りそうです。

APC_0211

APC_0212

スマホホルダー

IMG_3263

iPhone7PLUSも取り付け可能でした。

 

特徴

何といってもこの小ささ!LEICA 15mm やLAOWA 7.5mmならレンズを付けたままでもポケットに収まります。

IMG_3261

サイズ的には

IMG_3197 (1)

まさしく缶コーヒー!!

スマホを取り付けなくてもシャッターボタンで撮影可能です。

もちろんノールックになりますが・・・

P8010063

P8010073

P8010071

P8010069

P8010083

P8010081

P8010086

P8010087

上の写真はノールック撮影です。OLYMPUS AIR A01 + LAOWA7.5mm

レンズ交換は自由

もちろんレンズ交換式なので、マイクロフォーサーズ規格なら全て取り付け可能です。

IMG_3252

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

IMG_3249

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

スマホでの撮影

IMG_3194

8個のアプリがあります。


Wi-FiAIR-A01を選択

IMG_3272

スマホ画面で撮影モード・絞り・SSなど全て操作出来ます。

IMG_3273

アートフィルターも分かり易いです。

IMG_3274

OLYMPUS AIR A01 + LEICA DG SUMMILUX F1.7 15mm

 通勤鞄にこのコンビを毎日入れっぱなしにしている今日この頃です。

 

40-150mm PROやLEICA 100-400mm・12-40mm PRO・35mm MACRO でも試してみたいです。

 

最後に、購入価格は・・・

 

 

ポイント差し引いて

 

15000円でした。

 

庶民の味 TKGと能勢の妙見さん

 昨日は、嫁と京都亀岡にあるTKG(たまごかけご飯)専門店に行ってきました。

自宅から下道で28km、約40分程で到着しました。

f:id:tawabon239:20180629101128j:image

弁天の里という名前です。
f:id:tawabon239:20180629101132j:image

愛車アルファードを駐車場に止めました。

平日とあって意外に空いてました。

土日等は、行列ができているそうです。

左側に鶏肉などの直販店があり、右側がたまごかけご飯の店になります。


f:id:tawabon239:20180629101137j:image

営業時間は、平日9時から13時・土日祝日は、9時から14時のようです。

f:id:tawabon239:20180629101919j:image

メニューはいたってシンプルな定食のみです。

価格は450円です。

僕は、唐揚げを追加しました。

f:id:tawabon239:20180629102044j:image

たまごは食べ放題で、先ずはご飯の上に白身をのせてかき混ぜ、その上に黄身をのせます。

f:id:tawabon239:20180629102207j:image

f:id:tawabon239:20180629102237j:image

醤油は、ノーマル・山椒・ニンニク味の3種類ありました。僕、個人的には山椒が好みでした。

どんぶりをカウンターに持っていくと、150円でお代わりができます。さらに玉子を貰って頂きました。

結局たまご6個食べちゃった(≧∇≦)

子供たちにも食べさせてあげたかったので、隣の直販店で同じ玉子を購入。

f:id:tawabon239:20180629102612j:image

実家の分も合わせて、3パック買いました。

帰ってから子供たちに食べさせると、美味し!!と喜んでくれました。

 

弁天の里から数キロの所に、能勢の妙見山があったので寄り道してみました。

『能勢の妙見さん』という愛称で近畿の人々は呼びます。

f:id:tawabon239:20180629103749j:image

境内には至る所に、『勝馬』『戻り馬』が祀られております。

f:id:tawabon239:20180629105132j:image

出張や旅行・はたまた入院から無事戻って来るようにとお願いに来られるそうです。

『妙見さん』とは、大阪府豊能郡能勢町妙見山の山頂に位置し、北極星を神とした妙見大菩薩のことです。常に北を示す北極星は、昔から旅人の道案内として仰ぎ見られたことから、人生を良い方向に導いてくれると信仰され、開運の守護神とされています。

f:id:tawabon239:20180629113836j:image

ちょうど山門が大阪と兵庫の県境となっているのも面白いところです。

境内には郵便局もあり、古びた旅館も残っております。

f:id:tawabon239:20180629114059j:image
f:id:tawabon239:20180629114105j:image

なんだか、『千と千尋の神隠し』を思い出させる佇まいでした。

f:id:tawabon239:20180629114305j:image

中には入れませんでしたが、星嶺という近代的な建物がありました。

妙見さんへのアクセスですが、車でも行けますし能勢電鉄妙見口からケーブルカーでも登ってこれます。ふれあい広場や、バーベキューテラスもあり家族でも楽しめそうな所です。

最後に頂いた御朱印です。

f:id:tawabon239:20180629114956j:image

TKGと妙見さんの紹介でした。

 

 

 

 

豪華なモーニングを食べに!

 今日は、たまたま嫁と休みが合ったので、ゴージャスに京都ホテルオークラのモーニングを食べに行ってきました。

 とりあえず、朝子供を起こし朝ごはんだけ食べさせて、二人で家を出ました。まあ、高校生と中学生組なので特に心配はいりませんがねぇ(≧∇≦)f:id:tawabon239:20180621125308j:image

都ホテルオークラは、家から車で20分ほどてす。

職場の納涼会は、毎年ここで行なっています。

今年も、7月21日に予定してますよー♪

f:id:tawabon239:20180621125515j:image
f:id:tawabon239:20180621125523j:image
f:id:tawabon239:20180621125519j:image

お目当てのレストランは、最上階の17階にあります。

f:id:tawabon239:20180621125625j:image

オリゾンテ

f:id:tawabon239:20180621125711j:image

鴨川の西側に立地し、レストランからは東山方面が一望できます。今日は生憎の曇り空でしたが、朝から気持ちいい景色で食事が出来て最高でした。

 

ホテルオークラのモーニングといえば、

f:id:tawabon239:20180621125903j:image

このフレンチトーストが有名です。

フワトロでとても美味しく、何個でも食べれます。

f:id:tawabon239:20180621130038j:image
f:id:tawabon239:20180621130029j:image
f:id:tawabon239:20180621130045j:image
f:id:tawabon239:20180621130035j:image
f:id:tawabon239:20180621130042j:image

和洋折衷色んな物が、バイキング形式で食べられて朝から贅沢な気分が味わえました。

一人3000円ほどで少し贅沢ですが、たまには嫁孝行もいいかと思います。

来週も、たまたま同じ日が休みなので、TKGを食べに行きまーす。

 

 

LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0 で撮る京都嵐山 【E-M1 MarkⅡ】

 先日購入したLAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0を持って京都嵐山に行ってきました。

f:id:tawabon239:20180518222042j:image

f:id:tawabon239:20180518222106j:image

 E-M1 MarkⅡに装着するとこんな感じです。

丁度、LEICA 15mmを着けているのと同じ位です。

APC_0029

電子接点を持たないMFレンズです。

絞りリングとフォーカスリングを装備。

絞りはF2.0~22 開放F値 F2.0と明るいにもかかわらず、最大径50mm全長55mmで超コンパクトです。重量も約170gと軽量です。

 鏡筒は金属素材で作りもしっかりしていました。

フォーカスリングはトルク感も有り、不用意にピントがずれることも無さそうです。

絞りリングは1EVステップのクリックストップ付きです。

印象としては、非常に扱いやすいレンズでした。

f:id:tawabon239:20180518225534j:image

ただ、レンズキャップは非常に小さくつまみ難かったです。。

電子接点が無いので、レンズ情報が送れませんが、E-M1 MarkⅡの場合レンズ情報登録が出来るので、レンズ名や焦点距離Exif情報に残す事が出来、またボディない手ブレ補正に必要な焦点距離も自動的にセットしてくれます。

f:id:tawabon239:20180518230231j:image

前置きはこれぐらいにして・・

京都嵐山にスナップ撮影に行ってきました。

20180516-P5160069

嵐山の名勝 渡月橋です。

以前のブロクにも書きました花灯路のライトアップも行われます。

20180516-P5160066

少し川下から。丁度この辺りがライトアップ撮影ポイントでした。

20180516-P5160009

 こちらは、保津川下りや旅館の遊覧船の船着き場です。

20180516-P5160012

ここから川沿いを散策する事が出来ます。山側には嵐山モンキーパークや数カ所の寺院が有り、川で貸しボートでのんびりすることも可能です。

20180516-P5160017

20180516-P5160020

子供が小さい頃は何度か乗りましたが、ここ最近は全くです・・・

20180516-P5160013

20180516-P5160016

屋形船で舟遊びも出来ますが、そんなセレブな遊びしたことありません!!笑

20180516-P5160031

20180516-P5160030

少し歩くと、戸無瀬の滝があります。

こんな小さな滝ですが昔歌が詠まれています。

  • 嵐吹く山のあなたのもみぢ葉を戸無瀬の滝に落としてぞ見る(源経信続・古今集
  • 大井川となせの滝に身をなげて早くと人にいわせてしがな(空仁法師・千載集)
  • となせ河玉ちる瀬々の月をみて心ぞ秋にうつりはてぬる(藤原定家・続千載集)

などなど多く詠まれています。

20180516-P5160041

遊歩道の最終地点には大悲閣山 千光寺があり山上から絶景が見れるそうですが、未だに行ったことがありません。保津川下りが来るのを待ってましたが、なかなか来なかったのでただの川写真になりました。

さて、渡月橋まで戻り橋を渡って北に進みます。

天龍寺前を過ぎた辺りを左に曲がると、最近の嵐山の名物スポットの「竹林の小径」があります。平日でもすごい観光客でダダゴミです。

20180516-P5160054

先日、悲しいニュースが流れました!!

この竹林の100本程の竹にナイフなどで落書きがされてました。

中国語やハングル・英語など様々。なんとも悲しい出来事です。

20180516-P5160050


20180516-P5160053

さて、LAOWAレンズですが、中心解像度は非常に高く、周辺部の流れも殆ど気にならないレベルだと思います。

F2.8~5.6辺りは中心から周辺までシャープネスは素晴らしいと感じました。

無限遠でバシバシ撮れるいいレンズです。

最後に先日行った大阪国際空港千里川土手での1枚です。f:id:tawabon239:20180518235558j:image

これが撮れた時、このレンズを買って良かったと実感しました。

7-14mm proや8mm も候補にありましたが、ズームではなく単焦点でフィッシュアイでないのが欲しかったので大満足です。

あとは、このレンズで星景写真を撮ってみたいです。

 

 

tawabon239.hatenablog.com

 

tawabon239.hatenablog.com